未分類

格安スマホについて①

お世話になっております。
今日は、格安スマホについてのお話を。。

あらすじ

auから格安スマホに変更することに決めました。
格安スマホに変更するためには、以下手順を踏む必要があります。

①どのMVNOにするかを決める
②NMP予約番号を取得する
②MVNOに申し込む
※MVNOとは、他社から無線通信インフラを借り受けて、音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことです。

まずは、格安スマホに編気宇することを決めた理由と、MVNOの選定に関してのお話をさせていただきます。

なぜ格安スマホにすることをきめたか

私が、格安スマホにすることを決めた一番の理由は、今の携帯料金の高さに驚いたためです。

携帯料金を調べたきっかけは、今使っているスマホが使い始めて、今月でちょうど2年経つため本体料金の支払いが終わるということです。
本体料金の支払いがなくなると、いくらになるんだろう?と思い調べてみたところ、約8000円でした。

この金額を見た時に、「格安スマホのCMを見ると2980円とかで使えるって言ってるのに、こんなに払うのは馬鹿らしい。月に5千円も違えば、年で6万円だ。やべぇ。」と思い、格安スマホに変更することを決めました。

MVNOの決定

MVNOを決めるうえで、重要視したのは、今使っているスマホを使えるかどうかという点です。
私は、基本的にスマホゲームもやらないし、カメラもあまり使わないため、スマホのスペックにこだわりがありません。
なので、まだ使えるスマホを捨てて新機種を買うことはしたくありません。

ということで、現在使用しているスマホ(auのアンドロイド)を使用できるMVNOとなると、「QUモバイル」と「mineo」の2社に絞られます。

先述の通り、出先でスマホゲームもやらないし、動画も見ない(家ではWifi)ため、通信速度はあまり必要ないと考えています。
なので、とりあえず料金重視で選びます。
必要な機能は、データ容量5GB程度と音声通話機能と考えると2社の料金はこんな感じです。

UQモバイル:データ容量6GB 国内通話かけ放題 2980円/月
mineo   :データ容量6GB 通話20円/30秒  2190円/月

2社の料金の差額は790円なので、約20分通話すると料金が同じくらいになりますね。
最近は、通話もLINE通話が主になっているので、月に20分以上通話をすることは考えにくいです。
ということで、私はmineoを選びます。

今日はここまで

以上が、私が格安スマホに変更を決めた理由とMVNOをmineoに決めた理由です。
MNP番号については、本日取得まで至らなかったため後日取得して書きます。
取得自体は簡単にできるんですけどね。解約が必要なプランがあって店舗じゃないと対応できませんっていうのがありまして、それを教えてもらうために電話で2時間くらい待たされ、店舗に行ってみたら3時間待ちですと言われ、イライラして今日はやめました。
auの電話対応の文句が山ほど出てきてしまうので、ここでやめます。

それでは、今後ともよろしくお願いします。